三つ星オフィスビル構築コンサルティング

不動産ビジネスを成功に導く
コンサルティング

TEL:03-6805-7323

OPEN/CLOSED 平日 9:00~17:00

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ

会社概要

更新

「不動産ビジネス 成功への道」

-第163回-
シェアオフィス、乱立か。

1月に、WeWorkの日本進出をお伝えしました。

先日、実際に完成したWeWorkに行ってきました。私が知っているサービスオフィスやレンタルオフィスと違います。

 

広いフロアを小割りし、共用の受付、会議室等を備えたサービスオフィスやレンタルオフィスは、日本でも、以前から、外資系の会社や中小の会社が提供していました。

最近では、コ・ワーキングスペースという形も提供されています。

大企業も試行的に、これに似たようなスペースを提供していました。

 

ところが、ここのところ、複数の大企業が、これらの提供を始めるという案内が来ております。

 

働き方改革ということが、話題になっているので、この機をつかまえようということでしょう。

これらの企業が提供場所を増やしたり、新たな企業がこのサービスを始めたりするとなると、急激に供給が増えることが考えられます。

 

そのとき、供給過剰になるのか。それとも、同じ地域の中小ビルからテナントが移転するのか(これは、中小ビルの空室増)。それとも、別の借り手がいるのか。

 

ある程度の時間が経ち、乱立状態になると、今度は、供給会社の淘汰が始まることも考えられます。

 

あなたが、これらの事業を行っている、または、これから始めようとするなら、WeWorkのように、他社が提供しているものとの違いを打ち出しつづけられるか。

 

これからは、これをよく考え、実行することが、この事業のカギになると考えます。