三つ星オフィスビル構築コンサルティング

不動産ビジネスを成功に導く
コンサルティング

TEL:03-6805-7323

OPEN/CLOSED 平日 9:00~17:00

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ

会社概要

更新

「不動産ビジネス 成功への道」

-第135回-
物価見通しと不動産経営

日本銀行が物価の2%上昇達成時期を2019年度頃とし、延期しました。6度目です。

企業や個人が、物価が上昇すると予測する時期が遅れているということです。

しかし、遅れているだけなのでしょうか。

 

以前のコラムでもお伝えしましたが、ここ数年のAI(人工知能)の進歩は、私の知る限りでも、とても早いです。

 

カメラやセンサーなども小型化し、性能も向上しました。ロボットも進歩しています。先日、TVで見たロボットは、“倒れないロボット”。雪原で滑っても倒れない、人が棒などで倒そうとしても倒れない。

AIとこれらの技術を組み合わせると、安定的に美味しい食物の供給ができ、人が行ってきた多くの仕事が可能となるのは確実でしょう。そうすると、様々な物やサービスが今より安い価格で提供されるようになるのだと思います。

 

つまり、技術の急速な進歩で、物価は下がっていくのではないでしょうか。

これは、賃貸不動産経営にも、大きく影響します。

一般の商売で売上にあたる賃料は、テナントの売上が原資です。物価が下がるということは、同じものを売っているだけでは、テナントの売上が下がることにつながります。

一方、費用の中で、建物管理業務は、人ではなくロボットなどが行うことで、より低い費用でできるようになると思います。

これは、あなたが思っているよりも、かなり早いスピードで実現するかもしれません。

 

これらの進歩した技術、ノウハウをいかに不動産経営に生かすか。今まで以上に、重要になるでしょう。