三つ星オフィスビル構築コンサルティング

不動産ビジネスを成功に導く
コンサルティング

TEL:03-6805-7323

OPEN/CLOSED 平日 9:00~17:00

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ

会社概要

更新

「不動産ビジネス 成功への道」

-第114回-
賃料の休日

多くの都市で、賃貸オフィスビルの空室率が低い状態になっています。

空室率が低いと賃料が上がる・・・

これまでの認識です。

しかし、今回は、必ずしもそうとは言えない状況のようです。

 

全体としては徐々に上がっているようですが、空室率の水準を考えると、以前の上がり方とは異なります。

 

先週土曜日の新聞に、東京23区では、昨年10月から12月の間で、6か月以上のフリーレントがあったオフィスビルの賃貸借契約は約23%という記事がありました。

タイミングが合ったのですが、その前日、親しい不動産業界の関係者数人と集まった時に、このフリーレントの話題が出ました。

東京都心の大規模なビルでは2年間のフリーレントというものがある。その賃貸借契約の当事者ではありませんが、会社が違う複数の人からの話でした。様々な情報が溢れる時代、誰でも発信出来るからこそ、情報源の信頼性が重要になります。

 

そういえば、入居後しばらく賃料の支払いがいらないフリーレントと別に、レントホリデーというものもあります。“賃料の休日”。

毎年、ある月は賃料の支払いがいらない。一方、貸主にとっては賃料が入ってこない月。

誰が考えた言葉か知りませんが、よく考え出すものだと感心します。

 

東京都心では、まだまだ大規模ビルが建築されます。しかも、立地の良いところが多いです。歴史に学ぶことは大切です。ただ、同じことが起きるとは限りません。

現在の状況と将来を見通し、現在の状態が良くても、今後を見据えた対策を打つことが肝心です。

※内容を一部修正しております。