三つ星オフィスビル構築コンサルティング

不動産ビジネスを成功に導く
コンサルティング

TEL:03-6805-7323

OPEN/CLOSED 平日 9:00~17:00

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ

会社概要

更新

「不動産ビジネス 成功への道」

-第97回-
建物人生の岐路

今から25年前は1991年。バブル期です。

株価は前年末が最高値でしたが、実感としてはまだ景気が良い状態でした。

その頃、オフィスビルが数多く、建築されました。

大型ビルだけでなく、中小のビルもこの頃、大量に建築されました。

 

そして、今。

その頃に建築された建物は、築20年〜30年になります。

新築の時とは、様々なことが変わりました

元気の良い業種、仕事の仕方・・・。

立地環境などが変化したかもしれません。

そして、

建物自体、大規模な修繕が必要になる時期となりました。

 

あなたが所有する建物が、同じような状態であるなら、大きな選択をする時期に来ています。

どれを選ぶかで、これからの事業が大きく変わります。

・このままの用途で手入れしながら使うのか。

・用途を見直す、建て替えるなど、大きく変化させるのか。

・売却するのか。

 

5〜6年ほど前から、これらの時期に建築した建物をお持ちの企業から、オフィスビルやマンションの今後について、助言を求められるようになりました。

同じ時期に建てられても、その後、20〜30年の間に、立地の状況、建物の状態、テナントの状況など、それぞれ違います。

 

そのため、新築を計画するとき以上に、手順を踏んだ検討が必要です。

地域の将来、競合する建物、テナントとの契約内容等、これらを理解したうえで行います。一つ一つを踏まえた検討でないと、手戻りが生じかねません。

 

また、社外の誰かと検討するのであれば、相談する相手が適切か否かも考えましょう。

ある選択肢を選ぶことで、相談相手に何らかのメリットが生じるのであれば、不適切かもしれません。

最終的には、市場・建物・各種契約・税等の状況を踏まえた、総合的な判断をすることになります。

どれを選択するかにより、損益・現金収支に大きく影響がある判断です。

納得いく検討をしたうえで、判断してください。