三つ星オフィスビル構築コンサルティング

不動産ビジネスを成功に導く
コンサルティング

TEL:03-6805-7323

OPEN/CLOSED 平日 9:00~17:00

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ

会社概要

更新

「不動産ビジネス 成功への道」

-第16回-
同じものを見ても、実は、見えるものが違う

同じニュースを聞いても、同じ本を読んでも、人によって受け取り方が違います。

また、

同じ人でも、読み飛ばしてしまう記事と、小さくても目に留まる記事があります。

そして、同じ記事を読んでも、読む人によって、その情報から得るものが違います

たとえば、

2年前に、日本銀行の金融緩和が始まりました。

その後、円安となり、株式や不動産の価格が上がり始めました。

そして、最近、日銀の最高意思決定機関である審議委員が変わるというニュースがありました。

  気に留めない人。

  “そうなのだ”と受け取る人。

  “しばらく、今の金融緩和は続きそうだ”と受け取る人。

この違いは、どこに原因があるのでしょうか

一つは、自分に直接関係ないと思っていること。これは、気に留めない人。

もう一つは、自分に直接関係がありそうだと思いつつも、その情報の意味するところを知っているか、知らないかということ。新しい審議委員が金融緩和賛成派ということを知っていれば、今後も金融緩和が続く可能性が高そうだという予測ができます。

これが、“そうなのだ”と受け取るか、“しばらくは、今の金融緩和は続きそうだ”と受け取るかの違いになります。

 

貸ビル経営でも、同じです。

あなたがお持ちのビルに近いところで、工事現場があります

  素通りする方がいます。

  建物が建つのだなと思う人がいます。

  看板に近寄り、オフィスが建つのか、マンションが建つのか、どの程度の規模の建物が建つのかなどを確認する人がいます。

確認したうえで、所有するビルの経営に影響するかどうかを考えてみる人がいます。もしかすると、今、あなたのビルに入居中のテナントのところに、建築中のビルオーナーから移転の話が持ちかけられるかもしれません。

意識の持ち方で、建築現場という同じものを見ても、その後に、見える世界が違います。

ビル経営で必要な項目を確認し、“それぞれの項目は何から影響を受けるか”

これを意識しておくと、気付くことが増えます。

わかっていても、再確認してみるのもよいのではないでしょうか。