三つ星オフィスビル構築コンサルティング

不動産ビジネスを成功に導く
コンサルティング

TEL:03-6805-7323

OPEN/CLOSED 平日 9:00~17:00

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ

会社概要

更新

「不動産ビジネス 成功への道」

-第117回-
“なんだかな・・・”

ある地方都市の賃貸アパートを購入したいという方からの相談がありました。

ようやく希望に合う物件を紹介されたということ。

 

物件紹介を依頼したのは、名の知れた仲介会社。

 

相談者の話では、仲介会社以外に、地元に詳しい人に確認したところ、住宅地として良い地域で、地盤もしっかりしているということでした。

建物は築20数年、大手の会社が建てたものです。

念のため、土地・建物についてのチェックポイント等をお伝えしておきました。

 

しばらく経って、

“現地の確認もし、今後も借り手がいそうな立地だし、購入したいと思う。特に問題はなさそうだけれど、重要事項説明書を見てもらえるか”ということなので、内容を確認しました。

書類を見る限り、格別、不都合と思われることは、ありません

 

しかし、立地の確認のため、私が、他の資料を調べてみると、地震の際に液状化の可能性があります。

相談者が言うには、仲介会社の資料や地元の人の話だと、液状化は聞いたことがないそうです。

しかし、“なんとなく、気になった”ので、私がもう少し調べると、今回の物件がある場所は、地元の行政の資料によれば、液状化危険度が大きいという色付がされています。

そこで、相談者に、仲介会社への再確認を依頼しました。また、行政への確認と、造成した会社への液状化対策の有無を確認してもらいました。

結果として、液状化する懸念は残ることが判明しました

 

実際に液状化が発生するのか、発生した場合にどの程度の損害がでるか。

これはわかりません。

しかし、リスクの存在は判明しました。

 

不動産ビジネスに限らないことと思いますが、

この“なんだかなあ・・・”という感覚。

とても大切だと思います。