三つ星オフィスビル構築コンサルティング

不動産ビジネスを成功に導く
コンサルティング

TEL:03-6805-7323

OPEN/CLOSED 平日 9:00~17:00

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ

会社概要

更新

「不動産ビジネス 成功への道」

-第95回-
まず”形”を理解する。

武道をはじめとして様々な分野で、「形(かた)」があります。

私自身は、一つの武道しかしておりませんので、

すべてにつながるか、わかりません。

おそらく同じであろうと思いますが、

最初は、“形を覚える”ことから始まります。

 

この“形を覚える”ことは、不動産経営のそれぞれの仕事でも同じです。

たとえば、依頼者から賃貸借契約書を拝見することがあります。

その中で、“?”と思うことがあります。

諸事情で、そのテナントとだけの取り決めというならわかります。

そうではなく、それを基本としている。

特に、古くから不動産賃貸を行ってきた会社で見かけます。

 

たとえば、最近の例では、

周辺の同じような建物で更新料の受け取りがあるけれども、その取り決めがない。

テナントに守ってもらわなくてはならない“建物使用に関するルール”ついて、取り決めがない。

 

これらは、本来得られる収益を逸している、建物の運営に支障をきたすことにつながります。

 

賃貸借契約書の“形”を理解していないことが原因です。

単に、形、つまり、標準的な賃貸借契約書を真似するだけでは不十分。

 

賃貸借契約書で決めておく事項は何か

それぞれの事項は、

なぜ、決めておく必要があるのか”。

どのような選択肢があるのか”。

その中で、“どの選択肢を選ぶのか”。

 

前例踏襲などで、これらを考えないまま契約すると、不十分な賃貸借契約書になってしまう可能性があります。

 

不動産経営に関わる他の仕事でも同じです。

一見同じように見えても、長い間の経営実務で差が出ます。

”形”は基本ですが、上級者こそ基本を大切にします。