三つ星オフィスビル構築コンサルティング

不動産ビジネスを成功に導く
コンサルティング

TEL:03-6805-7323

OPEN/CLOSED 平日 9:00~17:00

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ

会社概要

更新

「不動産ビジネス 成功への道」

-第88回-
必要な投資、過剰な投資

ある地方のオフィスビルです。

1フロアの面積は、その地域にしては広めです。

中心的なオフィス街から離れたところにあります。

築年は古く、半分程度が空室です。

 

このビルのオーナーと話をしていて、

「二重床にもなっていないから・・・」

という話がありました。

 

確かに、大都市では、二重床でないと、テナント誘致に苦戦するでしょう。

しかし、原因は、そこにあるのでしょうか?

 

そもそも、その地域で、広めのオフィスを借りる需要が少ないのかもしれません。

以前は借り手がいたとしても、車や電車での移動が便利になったため、移動可能な大都市にオフィスが集約され、その地域での需要が急減したことも考えられます。

 

対策として何が必要かは、手順を踏んで考えて初めてわかることも多いです。

もしかすると、二重床にしないままでも、借り手がいるかもしれません。

電池の性能向上や無線の活用が進んでいるので、電気や通信の配線の必要性は、昔ほどは少なくなっている可能性があります。

 

二重床がテナント誘致の決め手でないのに、二重床工事をしたら。テナントにとってはあった方がよいのですが、過剰な投資となる可能性が高いです。

逆にトイレ等の快適性を高めることが、テナント誘致の決め手になるかもしれません。

まずは、その地域・その建物で求められるものは何か

そして、そのために必要な設備等はなにか

これを押さえることです。