三つ星オフィスビル構築コンサルティング

不動産ビジネスを成功に導く
コンサルティング

TEL:03-6805-7323

OPEN/CLOSED 平日 9:00~17:00

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ

会社概要

更新

「不動産ビジネス 成功への道」

-第23回-
商品価値をビル以外で上げる

 

4月も半ばを過ぎましたが、金曜の今日、職場の歓迎会をする方も多いのではないでしょうか。

昔は、お店を探すとき、知り合いに紹介してもらうか、雑誌などで調べ、幹事は苦労しました。

今は、インターネットの口コミサイトがあるので、格段に便利になりました。

私も、お客様との会食で、これまで行ったことのないお店を探すとき、使っています。

 

でも、一番確実なのは、友人などからの紹介

先日、昔の職場の先輩が定年退職するので、5人で慰労会をしようということになりました。場所は浅草となったのですが、慰労会に相応しいお店を知っている人がいませんでした。

そこで、老舗のお店に詳しい人に聞いたら、すぐに、教えてくれました。

“マスコミやネットで有名なお店もあるけど、私は、こちらのお店を勧めたい”

ということでした。

地元の人なら行くお店というのもありますよね。

 

これは、実業として貸ビル業を行っているビルオーナーが強いことでもあります。

地域に根を張っているから自信を持って紹介できる

昔、私がビルの再開発をしたとき、その地域に詳しいわけではなかったので、再開発チームのメンバーと一緒に、地元の店を一軒一軒、手分けして、お昼時と夜、自分たちで行き、食事やお酒を飲みました。その場でノートにメモするわけにもいかないので、割りばしが入っていた紙にメモすることも度々ありました。

そうして、入居するテナントに、その町の飲食店を紹介しました。

普段使いのお店、取引先と行けるお店。

自分たちで実際に経験したからこそ自信をもって紹介できる。

 

テナントの社員が、貴方のビルの周りに必要なものがあります

地元に詳しいビルオーナーだからできることもあります

それも、貸ビルの商品価値をアップする方法のひとつです