三つ星オフィスビル構築コンサルティング

不動産ビジネスを成功に導く
コンサルティング

TEL:03-6805-7323

OPEN/CLOSED 平日 9:00~17:00

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ

会社概要

更新

「不動産ビジネス 成功への道」

-第179回-
変化しているはず。

昔は、所有することが良いという発想でした。

自分で所有し、自分で使う。

不動産も、自社で所有して、自社で使う。

 

次に、自分が使わない部分は、他人に貸す。

不動産の有効活用です。

それでも所有しています。

 

それが、所有しなくても借りれば良いという発想へ。

所有から利用への流れです。

 

まずは、自分では所有せず、年単位で、あるいは月単位で、ある建物、または区画を使うというもの。

 

ここ数年、一つの物(スペースなどもあります)を共同で使うというシェアが、様々な分野で広まっています。

特に、若い世代では、不動産に限らず、様々な分野で広がっているようです。

経済的な負担が小さい、身軽であるということもあります。

 

世の中の意識、そして行動が、そのような流れに向かっているなら、その流れに乗ることがビジネスの基本です。

 

この流れを把握しつつ、あなたが所有する不動産にどのように取り入れるか。あえて、しばらく取り入れないという判断はありえます。

 

この時に大切なことは、世の中の変化に気づいていることです。

気付いたうえで、そして、あなたの不動産ビジネスに、どのように関係するかを考えたうえで、あえて、取り入れないという判断は、ありえます。

 

現状に問題・変化を感じないままということが、危ない。

 

世の中は、常に変化しています。

つまり、問題がないことが1年続くというのは、あまりないのではないかと思います。

「特に問題はありません」

それは、その報告者が担当している範囲・気に掛けている範囲のことです。

 

不動産ビジネスは、様々なことが関係しているので、日々変化しています。

不動産ビジネス全体を担当している範囲は、経営者しかいません。

あなたは、危機感を持っていますか?