三つ星オフィスビル構築コンサルティング

不動産ビジネスを成功に導く
コンサルティング

TEL:03-6805-7323

OPEN/CLOSED 平日 9:00~17:00

株式会社リアルエステート・アドバイザーズ

会社概要

更新

「不動産ビジネス 成功への道」

-第92回-
建物、人間、同じだなと思うこと。

人間と建物は同じだな。

このように思うことがあります。

 

人間の体を診る医者は、専門分野に分かれます。

内科、外科、眼科、耳鼻科。そのほかにも多くの専門分野があります、脳神経外科、心臓血管外科というものもあります。

さらに、物理的な身体でなく、こころを扱う精神科も。

 

ビルやマンションなどの建物も、様々な専門分野に分かれます

設計をする人は、構造、電気、空調、衛生、それに、デザインにあたる意匠。

人間の身体の各部分にあたる実際の内装材、設備などは、専門のメーカーもあります。

 

人も建物も、餅は餅屋。

専門家に任せることが大切。

 

しかし、建物を含めた不動産の経営や人間の体で、もっと大切なことがあります

それは、全体として判断すること。

 

あなたの体調を決めるのは、あなた自身。

歳をとると、体のどこも問題がない、という人は少ないといいます。

どこか具合が悪くても、活動できるか、できないか。判断をするのは、あなたです。

専門家は、その専門の部分について助言はできますが、決めるのは、あなた。

 

建物も、築年が古くなると、故障などの不具合が生じます。ある部分の不具合は、その部分の専門家の助言が有効です。必要なら対策も取ってくれます。

古いビルは新築ビルより劣る部分があります。

しかし、他の建物と比べて競争力があるか否かは、建物全体として判断することになります。それは、賃貸マーケットを踏まえ、建物全体として判断する。

つまり、全体の視点で、判断することが重要。

そのためには、テナントに必要とされることの本質は何かを理解することです。

 

建物は、ほとんどの場合、新しいほど時代に合ったものです。しかし、古いからこそ醸し出す味わいのある建物があります。

これを生かすことが良いこともあります。

ところで、人間の場合、経験が必要なことが多々あります。歳をとるほど、味わいの深い人物になれます。時間が必要な部分ですから、若い人にはできない部分です。これは、建物と人間の大きな違いです。